HOME 看護部だより

看護部だより

看護部紹介

看護部紹介

村上記念病院看護部は、病院の理念である「患者さん中心の医療」と「地域の期待に応えられる保健、医療、介護、福祉」を提供することを目標に、日々努力を重ねています。さらに、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供するために、常に患者さんやご家族に寄り添う事を心がけています。
変化する医療、看護、患者さんのニーズに対応出来るよう、常に学ぶ姿勢で仕事に臨んでいます。
また、職員間では職種の壁がなく、アットホームな雰囲気ですので働き続けられる職場環境です。

看護部長 日浅 千代美

 

看護部理念

看護部理念

急性期から在宅までいつでもどこでも誰にでも 確かな安心と信頼を提供致します。

  1. 可能な限り患者さんの立場に立った看護を提供致します。
  2. 社会復帰訓練を重ね患者さんが地域で自立した生活が送れるよう支援致します。
  3. 看護の発展に向け自己研磨を重ねます。

看護部の行動指針

看護部の行動指針

1. 命の尊厳を守り、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供する。
2.専門職として自己啓発の必要性を認識し積極的に行動する。
3.業務を円滑に遂行する為の専門的な知識・技術・態度を修得し、主体的な看護を実践する。



  1. 患者さんが安心できる看護・介護が提供できる
    • 患者さんにとって安全な看護を提供する(患者情報・看護計画の共有化)
    • 接遇マナーを遵守した行動ができる(クレームの減少を図る)
      *笑顔・あいさつ・感謝の気持ちを忘れない
  2. 職員間の和を大切にする
    • 何事にも相手の身になり、思いやる心を持つ
    • 常に笑顔で、誰にでもあいさつを心がける
    • 互いの協同があればこそ業務がうまくいくことを自覚する
    • 相手を責める前に自分の行動も振り返ろう
  3. 活気のある職場環境をつくる
    • “態度を選ぶ” :常にポジティブな姿勢で仕事をするように心がける
    • “遊び心で、仕事を楽しむ” :職場が活気にあふれるような遊びを取り入れる
    • “相手を喜ばせる” :患者や同僚に対して楽しい雰囲気で接する
    • “注意を向ける” :人が自分を必要としている瞬間を逃がさぬよう、いつも気をくばる
院内勉強会 テーマ「褥瘡予防のポジショニング」
H30.9.11

四国中央病院、皮膚・排泄ケア認定看護師の高橋健一さんを講師に迎え、「褥瘡予防のポジショニング」というテーマで講演して頂きました。

まず、体位変換とポジショニングの違いについて教えて頂きました。体位変換は体の向きを変える事、ポジショニングは身体の各部を目的にあった並びに調整する事、ポジショニングは患者の安全と安楽が図れるか常に考えることが大切であるという事です。

後半は、参加者全員でポジショニングの体験をしました。点ではなく面で支えるクッションの当て方や介助グローブを使っての背抜きの方法を患者やスタッフになって体験しました。ポイントは、①頭部から足側へ介入する②点ではなく面で支える③体軸を自然な流れにする④クッションの挿入の深さを考える⑤ずれ力を処理する⑥重力を利用することです。

当院でも利用しているスライディングボードはスタッフの腰にやさしく介助する側も楽なので重宝しています。

研修ではありますが、参加者は楽しんで体験できたようです。褥瘡発生のずれに対して関心が深まり褥瘡に繋がらない事を期待しています。

院内勉強会 テーマ「口腔内の細菌について」
H30.7.27

私たちの口腔内には多様な常在菌が存在しています。

普段はおとなしくしている常在菌ですが、私たちの免疫力が低下すると活発になり、時には全身症状を伴う様々な感染症を引き起こしてしまうこともあります。

口腔内の清潔を保ち、うまくコントロールすることが重要であり、歯科と医科の連携が大切と再認識しました。

院内研修 テーマ「医療安全」
H30.7.3

7/3に当院看護部長による医療安全研修がありました。今年は4回に分けて同じ講義を行います。提示された場面を見て、グループに分かれて、具体策を出し合い、発表しました。KYT(危険、予知、トレーニング)基礎4ラウンド法で方法と記録のポイントを学びました。

看護部だよりバックナンバー

MENU