HOME 看護部だより

看護部だより

看護部紹介

看護部紹介

村上記念病院看護部は、病院の理念である「患者さん中心の医療」と「地域の期待に応えられる保健、医療、介護、福祉」を提供することを目標に、日々努力を重ねています。さらに、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供するために、常に患者さんやご家族に寄り添う事を心がけています。
変化する医療、看護、患者さんのニーズに対応出来るよう、常に学ぶ姿勢で仕事に臨んでいます。
また、職員間では職種の壁がなく、アットホームな雰囲気ですので働き続けられる職場環境です。

看護部長 日浅 千代美

 

看護部理念

看護部理念

急性期から在宅までいつでもどこでも誰にでも 確かな安心と信頼を提供致します。

  1. 可能な限り患者さんの立場に立った看護を提供致します。
  2. 社会復帰訓練を重ね患者さんが地域で自立した生活が送れるよう支援致します。
  3. 看護の発展に向け自己研磨を重ねます。

看護部の行動指針

看護部の行動指針

1. 命の尊厳を守り、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供する。
2.専門職として自己啓発の必要性を認識し積極的に行動する。
3.業務を円滑に遂行する為の専門的な知識・技術・態度を修得し、主体的な看護を実践する。



  1. 患者さんが安心できる看護・介護が提供できる
    • 患者さんにとって安全な看護を提供する(患者情報・看護計画の共有化)
    • 接遇マナーを遵守した行動ができる(クレームの減少を図る)
      *笑顔・あいさつ・感謝の気持ちを忘れない
  2. 職員間の和を大切にする
    • 何事にも相手の身になり、思いやる心を持つ
    • 常に笑顔で、誰にでもあいさつを心がける
    • 互いの協同があればこそ業務がうまくいくことを自覚する
    • 相手を責める前に自分の行動も振り返ろう
  3. 活気のある職場環境をつくる
    • “態度を選ぶ” :常にポジティブな姿勢で仕事をするように心がける
    • “遊び心で、仕事を楽しむ” :職場が活気にあふれるような遊びを取り入れる
    • “相手を喜ばせる” :患者や同僚に対して楽しい雰囲気で接する
    • “注意を向ける” :人が自分を必要としている瞬間を逃がさぬよう、いつも気をくばる
院内勉強会 テーマ「排尿ケアについて」
H31.2.12

 H28年度の診療報酬改定で「排尿自立指導料」が算定できるようになり、当院でも排尿ケアチームを発足させました。その目的と役割、活動内容等をまとめた研修がありました。 排尿は、人生の中で1日に何度も繰り返される生活行動ですが、プライバシーの守られた環境のもと自分ひとりで行われる行為でもあります。そのため排尿行動に誰かの援助を必要とすることは、人としての尊厳を低下させてしまう可能性が考えられます。そういう方を指導、支援することにより尊厳が守られ、早期退院や寝たきりの減少に向けてチームが活動しています。

 排尿自立のステップが4つあります。

 ①下部尿路機能障害の症状を有する患者の抽出

 ②下部尿路機能評価のための情報収集

 ③下部尿路機能障害の評価と排尿自立に向けた計画策定

 ④包括的排尿ケアの実施、評価です。

情報収集のために「排尿日誌」を記録します。患者の排尿状態の現状把握ができ、排尿障害のタイプを推測できます。治療可能か検討出来たり、おおよその排尿時間が分かるためオムツ交換の適切な時間やトイレ誘導・介助のタイミングがわかります。排尿量に合ったオムツの選択ができ、経済的負担軽減になればと思います。

これからも患者の排尿自立のためによりよい支援となるよう努めていきます。

クリスマス会開催
H30.12.20

今年も恒例の「クリスマス会」。クリスマスには少し早く、12月20日に開催しました。矢島先生と近藤先生で2重唱で歌っていただき、荘厳な一瞬が訪れました。日頃落ち着きのない方もパイプオルガン仕様でバッハの曲を演奏されたり、沖縄の子守歌の独唱に聞き入る姿をみて、職員も感激していました。今年は皆さま車椅子での参加で、クリスマス用の赤い帽子を被り、記念撮影をする方もおられました。忙しい中にもクリスマス会を開催してよかったと感じる瞬間です。

みんなで鈴を持ち、「ジングルベル」や「赤鼻のトナカイ」を合唱しました。お約束の、サンタクロースもやってきて、1人1人にプレゼントを配ってくれました。ほっこり。

▽どうや!

今年も恒例の「クリスマス会」。クリスマスには少し早いですが、12月20日に開催しました。

矢島先生と近藤先生の二重唱が病棟に響き、荘厳なひと時が訪れました。パイプオルガン仕様で演奏されたバッハの曲や独唱された沖縄の子守歌に、日頃は落ち着きのない方が聞き入る姿に職員も感激です。また、みんなで鈴を持ち、「ジングルベル」や「赤鼻のトナカイ」の合唱もしました。

お約束ではありますがサンタクロースもやってきて、一人一人にプレゼントを配ってくれます。今年はみんな車椅子での参加。サンタさん風の赤い帽子を被り、記念撮影をする方もおられ、忙しい中でもクリスマス会を開催してよかったとほっこり心温まる時間を過ごしました。

看護部だよりバックナンバー

MENU