HOME 看護部だより

看護部だより

看護部紹介

看護部紹介

村上記念病院看護部は、病院の理念である「患者さん中心の医療」と「地域の期待に応えられる保健、医療、介護、福祉」を提供することを目標に、日々努力を重ねています。さらに、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供するために、常に患者さんやご家族に寄り添う事を心がけています。
変化する医療、看護、患者さんのニーズに対応出来るよう、常に学ぶ姿勢で仕事に臨んでいます。
また、職員間では職種の壁がなく、アットホームな雰囲気ですので働き続けられる職場環境です。

看護部長 日浅 千代美

 

看護部理念

看護部理念

急性期から在宅までいつでもどこでも誰にでも 確かな安心と信頼を提供致します。

  1. 可能な限り患者さんの立場に立った看護を提供致します。
  2. 社会復帰訓練を重ね患者さんが地域で自立した生活が送れるよう支援致します。
  3. 看護の発展に向け自己研磨を重ねます。

看護部の行動指針

看護部の行動指針

1. 命の尊厳を守り、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供する。
2.専門職として自己啓発の必要性を認識し積極的に行動する。
3.業務を円滑に遂行する為の専門的な知識・技術・態度を修得し、主体的な看護を実践する。



  1. 患者さんが安心できる看護・介護が提供できる
    • 患者さんにとって安全な看護を提供する(患者情報・看護計画の共有化)
    • 接遇マナーを遵守した行動ができる(クレームの減少を図る)
      *笑顔・あいさつ・感謝の気持ちを忘れない
  2. 職員間の和を大切にする
    • 何事にも相手の身になり、思いやる心を持つ
    • 常に笑顔で、誰にでもあいさつを心がける
    • 互いの協同があればこそ業務がうまくいくことを自覚する
    • 相手を責める前に自分の行動も振り返ろう
  3. 活気のある職場環境をつくる
    • “態度を選ぶ” :常にポジティブな姿勢で仕事をするように心がける
    • “遊び心で、仕事を楽しむ” :職場が活気にあふれるような遊びを取り入れる
    • “相手を喜ばせる” :患者や同僚に対して楽しい雰囲気で接する
    • “注意を向ける” :人が自分を必要としている瞬間を逃がさぬよう、いつも気をくばる
院内全体研修「標準予防策」
H29.8.29

感染対策研修として、今年も四国中央病院感染管理認定看護師の方を講師にお迎えしました。

ご自分の病院の対策や改善点を基に、具体的にお話して頂きました。

標準予防策(スタンダードプリコーション)は医療現場で患者さんとスタッフの相互の感染を防ぐ感染対策の基本ですが、標準予防策を理解していなければ自分が感染したり、患者さんを感染させてしまう事になります。

検査により感染症が「陽性」と判断されるのは、氷山の一角に過ぎない為、全ての血液・体液・排泄物、粘膜・傷のある皮膚は感染性があるものとして取り扱う必要があります。

当院でもICTラウンドをしていますが、講師の病院でのラウンド結果をふまえて、間違っているところを丁寧に具体的に解説して頂きました。

最後に、看護職だけでなく、老健スタッフ、リハビリ、事務職も標準の予防対策として、マスク、手袋、エプロンの着脱を基本通りに実演してもらい、講義を終了しました。

院内研修「ハラスメント研修-職場のハラスメント防止対策-」
H29.8.25

病院内の全体研修として、中外製薬のCSR推進部の方を講師に迎え、講演して頂きました。

パワーハラスメントとは、「社内の職務上の地位や人間関係などの職場における優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と一般的に定義づけされています。

パワハラという言葉は、クオレシーキューブ代表取締役の岡田康子さんが提唱し始めたそうです。

病院は、忙しくミスが許されない、患者さんに対する感情の抑制が求められる感情労働ということでパワハラが起きやすい環境になっています。

ミスを起こさないための指導が、パワハラにもなりかねません。

業務上の必要性がないレッテルをはるような人格や尊厳を傷つける言動はパワハラです。

冗談で言った言葉でも、その一部分で訴訟に発展する事例も紹介されました。

業務上必要性がある、または健全な職場環境を維持するために必要な事を言うのは指導になります。

その場で危機回避にあたるものはパワハラにはあたらないとなっています。

ストレスの多い現代ですが、簡単なストレスチェックを教えて頂けました。

深呼吸の吸った時間が吐いた時間より長いとストレス大だそうです。

従業員一人一人が「働きやすい職場は自分たちでつくる、変えられる」という主体的な参加意識を持つことがハラスメントのない職場をつくるために大切です。

院内勉強会 テーマ「安全な内視鏡検査~なめんなよ内視鏡~」
H29.8.1

講師は、当院院長の村上匡人医師です。

院長は日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医をはじめ内視鏡の資格をいろいろとお持ちです。

そんな専門医からの物申す講義でした。

内視鏡は一般的にも普及していますが、危険もあるということを知っておいてほしい!また、医療側は知っておかなければならない事が満載でした。

内視鏡の適応と禁忌、内視鏡の種類、治療法等、そして、前処置からでも起こる偶発症について治療別に説明があり、問診票についても事務的、形式的な確認ではダメと言うことがわかりました。

検査前に休止していた薬についても、元の病気や年齢との兼ね合いで検討する必要があるとのことでした。

APC(内視鏡的止血術)の器械は1996年に日本に入りましたが、1号機を当院が購入したと聞き、院長の心意気を感じた瞬間でした。最近は経鼻内視鏡も実施されていますが、院長はご自身でされるそうです。

内視鏡の器械自体も進化していますが、私たち医療者は検査をなめることなく、安全に実施終了できるよう細心の注意が必要です。

そのためには、医師をはじめそれにかかわる全スタッフとの連携が密になることが重要で、情報の共有、患者への配慮、多重チェック、チームとしての協調があって、安全・確実な内視鏡検査・治療となります。

今まで以上に努力をしていきたいと思います。

看護部だよりバックナンバー

MENU