HOME 看護部だより

看護部だより

看護部紹介

看護部紹介

村上記念病院看護部は、病院の理念である「患者さん中心の医療」と「地域の期待に応えられる保健、医療、介護、福祉」を提供することを目標に、日々努力を重ねています。さらに、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供するために、常に患者さんやご家族に寄り添う事を心がけています。
変化する医療、看護、患者さんのニーズに対応出来るよう、常に学ぶ姿勢で仕事に臨んでいます。
また、職員間では職種の壁がなく、アットホームな雰囲気ですので働き続けられる職場環境です。

看護部長 日浅 千代美

 

看護部理念

看護部理念

急性期から在宅までいつでもどこでも誰にでも 確かな安心と信頼を提供致します。

  1. 可能な限り患者さんの立場に立った看護を提供致します。
  2. 社会復帰訓練を重ね患者さんが地域で自立した生活が送れるよう支援致します。
  3. 看護の発展に向け自己研磨を重ねます。

看護部の行動指針

看護部の行動指針

1. 命の尊厳を守り、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供する。
2.専門職として自己啓発の必要性を認識し積極的に行動する。
3.業務を円滑に遂行する為の専門的な知識・技術・態度を修得し、主体的な看護を実践する。



  1. 患者さんが安心できる看護・介護が提供できる
    • 患者さんにとって安全な看護を提供する(患者情報・看護計画の共有化)
    • 接遇マナーを遵守した行動ができる(クレームの減少を図る)
      *笑顔・あいさつ・感謝の気持ちを忘れない
  2. 職員間の和を大切にする
    • 何事にも相手の身になり、思いやる心を持つ
    • 常に笑顔で、誰にでもあいさつを心がける
    • 互いの協同があればこそ業務がうまくいくことを自覚する
    • 相手を責める前に自分の行動も振り返ろう
  3. 活気のある職場環境をつくる
    • “態度を選ぶ” :常にポジティブな姿勢で仕事をするように心がける
    • “遊び心で、仕事を楽しむ” :職場が活気にあふれるような遊びを取り入れる
    • “相手を喜ばせる” :患者や同僚に対して楽しい雰囲気で接する
    • “注意を向ける” :人が自分を必要としている瞬間を逃がさぬよう、いつも気をくばる
クリスマス会
H29.12.14

H29年12月14日(木)13時から4病棟デイルームにてクリスマス会を開催しました。
いつもレクレーションでお世話になっている矢島先生と、毎年美声を披露して頂いている近藤先生にお越しいただき、和気あいあいと開催することが出来ました。

スタッフもサンタ風エプロンを着け、患者さん方もサンタ帽子を被って参加されました。
いつもと違う装いになっただけで雰囲気も明るくなり、普段静かな病棟も歌声と笑い声が響き華やかな空間となりました。

先生方は、まず『きよしこの夜』をアカペラで歌われ、そのあとは近藤先生の歌、矢島先生のピアノ演奏。
心に響く歌と演奏を披露して下さいました。患者さん方もお渡ししていた鈴を思い思いに鳴らして、演奏を楽しんでいました。

最後にサンタクロースが登場し、参加されていた患者さん一人一人にクリスマスプレゼントを渡しました。
ささやかなプレゼントでしたが、喜んでもらえたようで、こちらも心温かくなりました。

短い時間でしたが、矢島先生・近藤先生をはじめ、病棟スタッフと、関わっていただいた全ての人に感謝しています。

来年も素敵なクリスマス会を開催していきたいと思っています。

院内勉強会「インフルエンザ予防」
H29.11.7と11.21

インフルエンザが流行する季節になりました。
今回は当院のアレルギー、呼吸器専門としている森公介医師に講義をお願いしました。

毎年子供から高齢者まで約1000万人がインフルエンザにかかっています。
飛沫と接触で感染していきます。咳やくしゃみをした場合、マスクをしていないと咳1回で約10万個、くしゃみでは約200万個のウィルスを含む飛沫が1~2m飛び散ると言われています。
それ吸い込んだりして感染していきます。
そのため咳エチケットとして不織布マスクを積極的に着用する、咳や熱のある人の2m以内に近づかない、手を清潔に保つことが推奨されています。マスクは1日1枚使い捨てが原則です。
ウィルスは20分で体に入るので、すぐうがいをしないと効果は得られないようです。
のどより鼻の粘膜からウィルスが高頻度に出るそうです。
また、咳をして手に付く→ドアノブを触る→他の人がドアノブを触る→感染するという流れになります。
パソコンのキーボードも多数触る場合は手の消毒が大事です。

インフルエンザを予防するには、マスクを着用する、手洗いうがいをする、ワクチンを受ける、適度な温度、湿度を保つ事が重要です。

インフルエンザにかかったら急激に悪化することがあり、48時間以内に治療しないと効果がありません。
そのために早期診断が必要です。
もし、家族がインフルエンザにかかったら、同居の家族全員に感染する可能性が高い為、予防薬を飲んで防ぐ対処法があります。

インフルエンザにかかったら、38℃以下に熱が下がった日を0日として、解熱後2日を経過するまで出席、出勤停止で自宅療養をしましょう。
感染が拡大しないようにみんなで気をつけましょう。

看護部だよりバックナンバー

MENU