HOME 看護部だより

看護部だより

看護部紹介

看護部紹介

村上記念病院看護部は、病院の理念である「患者さん中心の医療」と「地域の期待に応えられる保健、医療、介護、福祉」を提供することを目標に、日々努力を重ねています。さらに、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供するために、常に患者さんやご家族に寄り添う事を心がけています。
変化する医療、看護、患者さんのニーズに対応出来るよう、常に学ぶ姿勢で仕事に臨んでいます。
また、職員間では職種の壁がなく、アットホームな雰囲気ですので働き続けられる職場環境です。

看護部長 日浅 千代美

 

看護部理念

看護部理念

急性期から在宅までいつでもどこでも誰にでも 確かな安心と信頼を提供致します。

  1. 可能な限り患者さんの立場に立った看護を提供致します。
  2. 社会復帰訓練を重ね患者さんが地域で自立した生活が送れるよう支援致します。
  3. 看護の発展に向け自己研磨を重ねます。

看護部の行動指針

看護部の行動指針

1. 命の尊厳を守り、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供する。
2.専門職として自己啓発の必要性を認識し積極的に行動する。
3.業務を円滑に遂行する為の専門的な知識・技術・態度を修得し、主体的な看護を実践する。



  1. 患者さんが安心できる看護・介護が提供できる
    • 患者さんにとって安全な看護を提供する(患者情報・看護計画の共有化)
    • 接遇マナーを遵守した行動ができる(クレームの減少を図る)
      *笑顔・あいさつ・感謝の気持ちを忘れない
  2. 職員間の和を大切にする
    • 何事にも相手の身になり、思いやる心を持つ
    • 常に笑顔で、誰にでもあいさつを心がける
    • 互いの協同があればこそ業務がうまくいくことを自覚する
    • 相手を責める前に自分の行動も振り返ろう
  3. 活気のある職場環境をつくる
    • “態度を選ぶ” :常にポジティブな姿勢で仕事をするように心がける
    • “遊び心で、仕事を楽しむ” :職場が活気にあふれるような遊びを取り入れる
    • “相手を喜ばせる” :患者や同僚に対して楽しい雰囲気で接する
    • “注意を向ける” :人が自分を必要としている瞬間を逃がさぬよう、いつも気をくばる
院内研修「ハラスメント研修-職場のハラスメント防止対策-」
H29.10.27 6階多目的ホール

前回はパワーハラスメントについての講義でした。今回はその他のハラスメントについて講義をして頂きました。

1.マタニティハラスメント(防止対策)
マタハラとは妊娠・出産を理由として女性職員を解雇・降格したり、妊娠・出産に関する言動により精神的な苦痛を与えたりする行為です。
マタハラにはどんなケースがあるか、またマタハラに対しての防止措置、予防についての説明がありました。
知識不足や思い込みが人格批判に繋がり、悪意がなかったでは済まされません。
マタハラを予防するためには個々が法の知識、妊娠・出産・育児・介護についての知識を得ることが大切だということを学びました。

2.セクシャルハラスメント(防止対策)
セクシャルハラスメントとは職場において相手の意に反した、性的な言動を行い、それに対する対応によって、仕事をする上で一定の不利益を与えたり、また性的な言動を繰り返すことによって就業環境を悪化させること、またこれらの土壌になる性による固定的な知識や言動をいいます。
セクシャルハラスメントを防止するためには、①自分自身の言動に注意する。家族がされたら嫌だと思うことはしない。
②勇気を出して行動する。中途半端に嫌がったり恥ずかしがったりせず漠然とした態度をとる。ということが大切だと説明がありました。
またセクハラの裁判案件、職場内外で起きやすい性的発言例の話もありました。
可愛いよね、スタイル良いよね等、身体的特徴を話題にすることや不必要な身体接触、接近もセクハラになるそうです。

3.その他のハラスメント
その他のハラスメントとしては、モラルハラスメント(優位性を持たない人間関係での精神的な嫌がらせ)、スメルハラスメント(たばこや香水の匂い)、SNSハラスメント(ネット上での誹謗中傷)などがあるそうです。

4.ハラスメントに対する組織としての対策
これらのハラスメントを予防するための組織の取組としてはトップがハラスメントを無くすことを明言したり、ルールの取り決め、実態を把握するためのアンケート調査、教育、周知などを行うそうです。また、解決するための取組としては相談窓口、対応責任者の設置や行為者に再発防止研修を実施したりすることがあるそうです。

5.まとめ
ハラスメントは組織や上司の努力だけで解決できる問題ではありません。
従業員一人一人が「働きやすい職場は自分たちで作る」「自分たちの職場は自分たちで変えられる」という主体的な参加意識を持つことが大切です。
職場環境づくりへの責任感を各自が持つことで、人として対等な意識が生まれてきます。研修を通して様々なことを学ばせていただきました。

院内勉強会「知っておきたい褥瘡」
H29.9.12

「知っておきたい褥瘡のこと」と題して、四国中央病院看護部、皮膚・排泄ケア認定看護師である高橋健一先生に講義をしていただきました。

ベッド上での褥瘡予防として、背中から臀部にかけての背抜きを行うこと、ずれ対策ではバスタオルや横シーツは使用しないことなど話がありました。

当院でも取り入れている対策もありますが、あらためて「褥瘡予防」として話を聞くことで、日頃のケア内容の整理が出来た点や、各個人が新しく取り入れる知識もありました。

外用薬やドレッシング材の扱いについて、施設で使うもののみ覚えておき、褥瘡の治癒過程のどの皮膚状態にあるのかアセスメントをして、お薬を選択、使用の注意点など教わりました。

短い時間でしたので、要点を聞き取るだけで精一杯でしたが、とても勉強になりました。

最後に、近年注目されている「スキンテア」と呼ばれる皮膚裂傷について、処置方法やSTAR分類などを教わりました。

臨床では、日常的に起こり得る為、実際に行っている処置の考え方を助けてくれる内容でした。

看護部だよりバックナンバー

MENU