HOME 看護部だより

看護部だより

看護部紹介

看護部紹介

村上記念病院看護部は、病院の理念である「患者さん中心の医療」と「地域の期待に応えられる保健、医療、介護、福祉」を提供することを目標に、日々努力を重ねています。さらに、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供するために、常に患者さんやご家族に寄り添う事を心がけています。
変化する医療、看護、患者さんのニーズに対応出来るよう、常に学ぶ姿勢で仕事に臨んでいます。
また、職員間では職種の壁がなく、アットホームな雰囲気ですので働き続けられる職場環境です。

看護部長 日浅 千代美

 

看護部理念

看護部理念

急性期から在宅までいつでもどこでも誰にでも 確かな安心と信頼を提供致します。

  1. 可能な限り患者さんの立場に立った看護を提供致します。
  2. 社会復帰訓練を重ね患者さんが地域で自立した生活が送れるよう支援致します。
  3. 看護の発展に向け自己研磨を重ねます。

看護部の行動指針

看護部の行動指針

1. 命の尊厳を守り、人間性豊かな愛に満ちた看護を提供する。
2.専門職として自己啓発の必要性を認識し積極的に行動する。
3.業務を円滑に遂行する為の専門的な知識・技術・態度を修得し、主体的な看護を実践する。



  1. 患者さんが安心できる看護・介護が提供できる
    • 患者さんにとって安全な看護を提供する(患者情報・看護計画の共有化)
    • 接遇マナーを遵守した行動ができる(クレームの減少を図る)
      *笑顔・あいさつ・感謝の気持ちを忘れない
  2. 職員間の和を大切にする
    • 何事にも相手の身になり、思いやる心を持つ
    • 常に笑顔で、誰にでもあいさつを心がける
    • 互いの協同があればこそ業務がうまくいくことを自覚する
    • 相手を責める前に自分の行動も振り返ろう
  3. 活気のある職場環境をつくる
    • “態度を選ぶ” :常にポジティブな姿勢で仕事をするように心がける
    • “遊び心で、仕事を楽しむ” :職場が活気にあふれるような遊びを取り入れる
    • “相手を喜ばせる” :患者や同僚に対して楽しい雰囲気で接する
    • “注意を向ける” :人が自分を必要としている瞬間を逃がさぬよう、いつも気をくばる
看護部研修報告会
R1.8.23

R元年、8月23日金曜13時~当院6階ホールにて、看護部の研修報告会がありました。

  1. 「高齢者の急変時対応セミナー」
  2. 「腰痛予防研修・ケアの質が上がる!ノーリフティング完全マスター~持ち上げない!抱え上げない!引きずらないケア!~」
  3. 「第64回日本透析医学会」
  4. 「看取り研修を終えて」
  5. 「第20回日本認知症ケア学会大会に参加して」

の5題の発表であり、「高齢者の~」では、水分摂取の大切さと、脱水が及ぼす影響、簡易的にORSに近い成分での補液飲料の作り方の説明、「ケアの質が上がる~」ではノーリフティングケアの大切さ、「日本透析医学会」では専門的な内容、「看取り~」では例年の研修内容とは違い、看取りに至るまでどう関わって行くか、終末期とはどういう状態か、という内容でした。

「認知症ケア学会~」では、研修の一部を紹介、暗黙知・形式知での関わり方の説明が印象に残りました。

報告会終了後には日浅看護部長より各研修報告に対してコメントをいただきました。

他の方も今後の積極的な研修の参加を期待します。

皆さんお疲れ様でした。


院内全体研修
R1.6

今年の感染対策の全体研修は、2回同じテーマで、住友別子病院感染対策室の感染管理認定看護師 藤井克匡氏による「午後からの手指衛生が変わる」で研修がありました。

手指衛生感染対策の基本は「病原菌を持ち込まない。汚染を広げない」ということ。
『手洗いができなければ、足を洗え! 仕事を失う覚悟で!! 』・・?? つまり、手指衛生は給料に含まれる必須のスキルというわけです。
プロ意識を持ってCDC標準予防策を実践してほしいと、身の引き締まる内容でした。

今の時代は一処置・一手洗いではありません。
手洗いは適切な5つのタイミングで実施する事が重要!
➣入退室時 ➣患者接触前後 ➣点滴作成、投与時 ➣排泄介助の前後 ➣手袋を脱いだ後
状況を例にあげ、分かりやすい講義でした。

「持ち込まない、持ち出さない」を意識し、正しいタイミングで手指衛生を実践することが大事。

蛍光塗料を用いての手洗い、環境培養、動画を使っての手洗い手順の確認、アルコール手指消毒剤のサンプリング、と目に見える研修を分かりやすく楽しく受講することが出来ました。また、手洗いも重要ですが、手荒れをするとそれが感染源となったり感染拡大の要因になるとの事。日頃のお手入れも重要です。
手指衛生の必要性を知っている、から実践している。そして継続している、をこれからも習慣づけたいと思います。

看護部だよりバックナンバー

MENU