HOME 栄養課

栄養課

栄養課紹介

村上記念病院の栄養課では、入院患者様へのお食事の提供および外来・入院患者様へお食事に関する相談を行なっております。また、チーム医療の一翼を担う部門としてNST(栄養サポートチーム)など、院内の各チームに所属し、患者様の1日も早い回復につながるよう努めております。

栄養課提供の食事メニュー例

栄養相談

個人(入院・外来)

食事療法が必要な患者様に対して、主治医の指示に基づき実施しております。
病気の状態が一人一人違うように食事療法もそれぞれ異なります。患者様それぞれの生活や食習慣を伺いながらサポートさせていただきます。
※栄養相談は随時行っております。主治医・看護師・管理栄養士などにいつでもお声掛け下さい。

個人(入院・外来)1 個人(入院・外来)2

集団

毎月第2金曜日と第4木曜日の午前11時より6階多目的ホールにて健康教室を行っています。
年に4回の食事会も開催しております。ぜひご参加ください。
詳細については下記ページをご参照下さい。

栄養ケア・マネジメント

NST(栄養サポートチーム) 対象:一般病棟・医療療養型病棟・回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病床

当院NSTは、医師・看護師・薬剤師・言語聴覚士・理学療法士・作業療法士・臨床検査技師・医療ソーシャルワーカー・医事課・褥瘡対策管理委員、経管栄養管理委員、呼吸療法委員、管理栄養士と多職種で構成されています。
各病棟週に1度、低栄養状態や栄養状態に問題のある患者様の回復・改善にチーム医療を行っています。
また、職員の知識向上のため月に1度の勉強会を行い、よりよい医療の提供に努めています。

栄養サポートチーム

NCM(栄養ケア・マネジメント)対象:水都苑

当院では、医師・歯科医師・看護師・薬剤師・言語聴覚士・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護支援専門員・介護福祉士・歯科衛生士・医療ソーシャルワーカー・医事課・管理栄養士と多職種で構成されています。

経管栄養管理

経管栄養の患者様に適した栄養剤の提案や、ミキサー食の作り方の説明・相談などを医師・病棟看護師・訪問看護師・医療ソーシャルワーカーと連携をとりながら行っています。

褥瘡対策

褥瘡対策管理委員として月に1度のカンファレンスに参加しています。
食事から病状の改善を促しています。また、栄養剤の提案なども行っております。

入院中のお食事について

医師の指示に従い患者様の病状に合わせたお食事を提供しております。また、併設施設である水都苑やゆらりでも当院栄養課が栄養管理を行っております。

選択メニュー

選択メニューとは、2種類のメニューから患者様のお好きなメニューが選択できるものです。当院では、常食の患者様(水都苑では、一般軟菜食の一部利用者様)を対象に行っております。選択メニューによる患者様・利用者様の料金負担はありません。

常食メニュー例

≪常食メニュー例≫
・ご飯
・魚のオランダ揚げ
・生酢
・白菜の和え物

選択メニュー例

≪選択メニュー例≫
・カツ丼
・生酢
・白菜の和え物

行事食・行事食カード・誕生日カード

四季折々の行事などにあわせ、メッセージカードを添えて患者様に提供しております。

1月 元旦、七草粥、成人の日
2月 節分、バレンタイン、建国記念日
3月 桃の節句、春分の日、お彼岸
4月 昭和の日
5月 憲法記念日、端午の節句
7月 七夕、海の日、土用の丑の日
8月 お盆、山の日
9月 敬老の日、お彼岸、お月見
10月 体育の日、西条祭り、(お月見)
11月 文化の日、勤労感謝の日
12月 冬至、クリスマス、年越し

食形態

当院の食形態は、普通・きざみ・あらきざみ・きざみとろみ・やわらか・ミキサーに分かれています。
なるべく口から食べていただけるよう、医師・言語聴覚士・看護師と連携し患者様に合った食形態での提供を行っています。


食形態

食欲低下

患者様の病状や摂食状況に応じ、主食をうどんなどのめん類やパンに変更したり、より細かく嗜好に対応したりするなど、患者様が少しでも食べられるよう工夫して提供しています。

栄養課だより

平成27年4月:握り寿司・水都苑おやつ・豆ごはん

栄養課バックナンバー

MENU