HOME 透析センター

透析センター

透析室紹介

血液透析とは

体外で人工腎臓(ダイアライザー)を使って血液中にたまった老廃物を取り除き、水や電解質のバランスを整え、きれいになった血液をふたたび体に戻すことをいいます。透析に要する時間は、1回4~5時間、週3回が基本となります。

透析室の写真

施設・設備

透析日 月・水・金(午前・夜間)
火・木・土(午前)
ベッド数 血液透析(HD)…25床(うち個室2床)
血液透析ろ過(オンラインHDF)…13床

計38床あり現在、当院では70名の患者さんが透析を受けられています。医師、看護師、臨床工学技士といった他職種間の連携を大事にし、患者さんに安心・安全な透析治療を提供できるようにスタッフ一同日々努めています。
2019年5月末には新棟に移設し、天井の照明には間接照明を使用、十分なベッド間隔、個人用TVの設置によりリラックスして透析を受けて頂ける空間に生まれ変わりました。


送迎のご案内

高齢者、お体の不自由な方のために無料送迎を行なっております。


食事について

透析食、糖尿病食など治療食のご提供が可能です。
¥648/1食


血管内治療

泌尿器科医師、愛媛大学放射線科 田中宏明医師よる血管内治療を行っています。
透析シャントは時に閉塞や狭窄をすることがあり、透析が出来なくなったり時間が掛かるようになったりします。
これまではシャントを作り直すか、外科的に血栓を除去してきましたが、血管内治療により一度作ったシャントを長期間使用することが可能になりました。

血管内治療を行なっています
クリックで詳細を表示


透析運動療法

透析運動療法とは、週3回、1回約4時間、透析ベッドで安静にしていることで、体力が落ちていくのを防ぐ運動のことです。
当院では、希望される患者さんを対象に、透析中にできる簡単な運動を取り入れて行っています。


臨時透析について

当院では、旅行、出張、帰省などで、当地へ来られた患者さんの臨時透析を承っております。
旅行や出張先の透析に不安を感じている方にも安心して透析を受けていただけるよう万全の体制でお迎えしております。
まずはお気軽にお問い合わせください。


■愛媛大学放射線科 田中宏明医師よる血管内治療の予定 曜日未定

ご質問・お問い合わせはお気軽に

村上記念病院 TEL: 0897-56-2300
●透析センター(内線2250)もしくはEmail: touseki@murakami-kinen.or.jp
● 画像診断センター(内線1170)もしくはEmail: houka@murakami-kinen.or.jp

 

MENU